カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
letters #1
破れた切手
読めない消印
消えかかった宛名……

いつか
差出人不明の手紙がポストに届いたら
それは、私が見た「ある日の記憶」です。
【2006/01/13 00:00】 | letters | コメント(8) |
<<花言葉を教えて | ホーム | 眠れぬ夜>>
コメント
すごく、切ない言葉ですね。
何か、ちょいと泣けてきそうな感じです^^;
それに相まって写真も懐かしい中に、もう戻ってこないって言う寂しさがあったり。
僕にはそんなふうに感じられました。
【2007/08/26 23:15】 URL | たろー #-[ 編集]
+たろーさんへ
今まで「letters」というシリーズで写真展を3回行っているのですが(個展ではなくグループ展ですけど)、
これは「letters #1」のときに添えた言葉です。
切手を入れたlettersシリーズは、こんな想いから始まりました。

私が大切にしている“せつなさ”を感じてくださって
とてもうれしいです!
よかったら、「letters #2」、「letters #3」に添えた言葉も
探してみてくださいね。
カテゴリーの“ことば”の中に入っています ^ ^
【2007/08/27 06:27】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
こういった写真たちは、多重露光をさせているのでしょうか。疎くてすいません。。

にしても。

切なかったり寂しげであったり、あと懐かしさであったりと、言葉で提示される以上に心を揺さぶられる想いです。
ああ、しんみり。
とても良い感じですね。

まいど勉強させていただいています(笑)。
【2007/09/02 06:24】 URL | 野良恵一 #PooosTlY[ 編集]
+野良恵一さんへ
しんみりしちゃいました?
うふふ~。
私の写真は、“元気いっぱ~い!”とか“スカッと爽やか!”みたいなものが
ほとんどありません(笑)
切なかったり、淋し気であったり、ちょっと懐かしかったり……。
そんなイメージを受け取っていただけるのは
とてもうれしいです ^ ^

私の写真はポジフィルムで撮っています。
多重露光はとても難しいので、
撮ったポジを2~4枚重ねることによってイメージ作りをしているんですよー。
デジタル処理すれば簡単なのでは!?
って、言われてしまいそうですが、
パソコンもデジカメもなかった頃からずーっとやっていることなので、
自分のイメージを表現するには、一番しっくりいく方法なのです。

質問は大歓迎!
気になったことがありましたら、お気軽にどうぞ♪
【2007/09/02 22:35】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
やはり表現するということは
写真も言葉もある意味同じで、こころにドラマの
ない人には感じる絵も言葉も生まれないものですよね。
あなたの言葉にはそれがあり、んー、また写真がやりたいな
と。ぼくのハッセルやライカはゼロハリバートンのケース
に入りっぱなし。笑
眼が弱くなったから、デジカメに代えました。
だから、物語、風景のみえてくる詩や歌を唄っているのです。
頑張ってくださいね。
HOBO
【2008/12/27 23:49】 URL | Mr.HOBO #-[ 編集]
+Mr.HOBOさんへ
私にとって、詩も歌も物語も絵も写真も言葉も……すべて
自分の中にある“想い”の表現です。
心にドラマがあるのだったらいいなー!
私の『letters 手紙』が、HOBOさんにちゃんと届いたみたいで
とってもうれしいです ^_^

“想い”を表現する方法はたくさんあります。
私は私の方法でこれからも続けていきます~。
HOBOさんもHOBOさんのやり方で。ね!
【2008/12/28 21:14】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
そんな手紙の役目は。
手紙の綺麗な部分でしょうね。

傷つけるのも。愛するのも。

その手紙が届いたとき。過去から未来へ。
手紙は唯一のタイムマシーンだと今でも。

強く強く信じています。
綺麗な言葉です。

Kazuya
【2009/09/21 15:08】 URL | Kazuya #-[ 編集]
+kazuyaさんへ
どんなものにも表と裏の二面性があるのだとしたら……。
手紙にももちろん、きれいなだけではない部分がありますね。
でも、何度でも読み返すことができるのが、手紙のすてきなところ。
“時間”という魔法がかかった手紙は、
時を経てから読み返すと、また違った意味合いを感じられるかもしれません ^_^

一通の手紙から始まる物語。
そんな物語を写真で表現できたらいいなーと思っています♪
【2009/09/22 08:52】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ