カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
日々の泡
R-315

【2007/11/02 00:00】 | ベンチのある風景 | コメント(18) |
<<あなたの街に雪が降る頃 | ホーム | 記念日は10月22日!>>
コメント
こんばんわ
ご無沙汰しています。
左右反転でしょうか。幻想的な写真ですね。
緑が目にしみる、絵画のようです。
【2007/11/03 00:26】 URL | さりすと #-[ 編集]
さりすとさんが言うように
まるで絵画のようで こういう作風の画家が
いたような気がしますが 考えても思いつきません
【2007/11/03 01:17】 URL | FuzzBuzzIlfar #-[ 編集]
とってもキレイ・・・・ 
日々の泡 大好きな小説のタイトル

日々の泡はぷちんと弾けては
また生まれて
こうしてキレイなものを見せてくれる
【2007/11/03 10:28】 URL | hayano #-[ 編集]
日々の泡、今の世相を風刺しているようにも。
よくもまあ、北から南から、恥の泡がでてくるものかと、このようなきれいな泡なら許せるところもあるかもしれませんが。
自分の夢が見事に散っているようにも見え、ちょっと複雑。(笑)
【2007/11/03 14:28】 URL | sakura #-[ 編集]
+さりすとさんへ
デジタルで1つの画像を左右反転して合成するのは簡単だと思いますが、
私は何枚も同じ場面をポジで撮影して重ねています。
大きくプリントしたときに、フィルムならではの味わいが出てくれたらいいなーと
願いつつ…… ^ ^
絵画のように感じてくださって、うれしいです。
【2007/11/03 21:44】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+FuzzBuzzIlfarさんへ
この写真を仕上げた時に、
色盲検査みたいかも~~~って、ちょっと思ってしまいました >_<
絵画のようなら、それはよかったです~っ(笑)

FuzzBuzzIlfarさんが思い描いた画家さんは誰なのでしょう。
私は美術に詳しくないのですが、好きな画家はいるので、
そんな好きな絵画のイメージが知らず知らずのうちに
反映されているのだと思います。
【2007/11/03 21:44】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+hayanoさんへ
ボリス・ヴィアンの『L' Ecume des jours』。
すぐに小説のタイトルと結びつけられたhayanoさんは
お読みになっているのですね!
私はまだ読んだことはないんです。

泡というものは、ぷちんとはじけて消え去って行く
はかない存在でもあるけれど、
次から次へとたちのぼってくる、日々のカケラのようなものでもありますね。
【2007/11/03 21:55】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+sakuraさんへ
恥の泡! それも北から南から!
sakuraさんの表現に、思わず笑ってしまいましたよ~~~ ^ ^

夢が散ってしまったあとの泡が美しいものだとしたら、
またいつか実を結んでカタチをつくる日がくるに違いありません。
ね!
【2007/11/03 22:01】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
11月14日~19日鎌倉で個展を開いております。もしお時間がありましたら、おでかけくださいませ。場所はブログに載せております。でも、遠いので、ご無理はなさいませんように。なかなかお目にかかる機会がないので、このときにと思いました。
【2007/11/03 22:22】 URL | sakura #-[ 編集]
ベンチの位置がとても素敵です。これはお互いの顔が見えて、声が届く距離ですね。じっくり見逃さないようによく観察すれば、相手の仕草が見えて、もしかしから癖が発見できて、逆に癖が発見されてしまうかもしれない距離ですね。
【2007/11/04 19:01】 URL | 旅じたく #aIcUnOeo[ 編集]
+sakuraさんへ
個展の開催、おめでとうございます!
sakuraさんのブログで拝見しましたよー。
素晴らしいですね! お知らせくださってありがとうございます。
まだ時間の都合がつかないのですが、もしお会いできたらいいですねっ。
sakuraさんとは、いつかお目にかかるタイミングがくるに違いないと
思っている私です ^_^
【2007/11/04 21:58】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+旅じたくさんへ
まっすぐに向かい合うベンチ。
鏡のようにお互いを映し出してしまうかもしれません。
向かい側に座るのは、本当の気持ちを知りたい誰か?
それとも……自分自身?

お互いの声が届く距離って、すてきですね!
【2007/11/04 22:28】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
ベンチの間を泡にまみれながら突き進みたい
【2007/11/04 23:33】 URL | ウナム #-[ 編集]
この泡はこれから上に上がるのだろうか?
それとも上から落ちてきたのだろうか・・・・

でもいずれにしてもはじけるから「泡」なのかも・・・
【2007/11/05 00:37】 URL | 黒ラブ #-[ 編集]
+ウナムさんへ
泡にまみれて、泡を蹴散らして、突き進んじゃいますか ^_^
さすが、ウナムさんには勢いがありますね。
私はゆったり漂ってみます。
【2007/11/05 23:15】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+黒ラブさんへ
日々の泡はいつのまにかまわりにたちこめて、
気がつくと身動きがとれなくなってしまうことも…。
でも、いつかはじけて消えていくのが泡の運命。
苦しいつぶやきの泡も、あたたかいシアワセの泡も、
生まれては消えて、消えては生まれていきます。

それが、日々の泡。
【2007/11/05 23:16】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
日々の泡。とってもきれいなグリーンですね。わたしのなかの泡はとてもどんな色をしているのでしょう。
【2007/11/30 19:32】 URL | macski #Ch4iu8iI[ 編集]
+macskiさんへ
日々の泡は、毎日その色を変えていくのでしょう。
淡くもろい気持ちの繊細なニュアンスを反射しながら、
キラキラと輝いたり、暗く濁ったり……。

macskiさんの泡、私の泡、皆さんの泡。
どんな光を反射して、どんな大きさで、どんな重さで、
今日も生まれて消えていくのでしょうね。
【2007/11/30 22:18】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ