カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
小さいけれど確かな光、それは……。
R-273


私について.35
 好きな写真家がいます。

 Sarah Moon

 それから……
Michael Kenna
Holly Warburton
Ewan Fraser
Dominic Davies
植田正治
安珠

and……
【2007/08/27 00:00】 | ベンチのある風景 | コメント(18) |
<<小さな生命の値段。 | ホーム | autumn room>>
コメント
闇があるから光が目立ちます。

多分暗がりで次の出演者が出番を待っているんだよ。
光が当てればその時だけ主役になれるから。
【2007/08/27 23:37】 URL | 黒ラブ #-[ 編集]
暗闇にポッカリ浮かぶライトアップされたベンチ・・・そこには目に見えないphotoletterrainさんの姿があるような・・・小さな光が、だんだん大きくなって、周りの闇を明るく照らしてくれることでしょう。
↓の秋の風情たっぷりの作品も素敵ですね!ボケのきいたベンチがまたいい。花好きの私にとってはたまらない1枚です。
今回、心に湧いたイメージは・・・自分の心に秘めて一人でニヤニヤしています。
素敵な作品、ありがとうございました。
【2007/08/28 00:14】 URL | makira #-[ 編集]
+黒ラブさんへ
暗がりで次の出番を待っているのは黒ラブさん?
光の当たる役柄は、主役だけとは限りませんね。
自分の順番がくるタイミングを逃さないように、
いつでも準備できてる人って、少し憧れてしまいます ^ ^
【2007/08/28 05:50】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+makiraさんへ
光の中のベンチには私が?
うふふ。
実際の私は、光の中にいるタイプではなく、暗闇にジッとしている方が似合うかも!
(↑かなり怪しい人みたいですね~ ^ ^ )
外側から光を見つめている視線が私です。

心に秘めて一人ニヤニヤしているmakiraさんの今回のイメージ。
気になりますね~。
どうぞ思い切りニヤニヤしてくださね!(笑)
makiraさんの秋のお花、楽しみにしていますー。
【2007/08/28 06:06】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
お久しぶりです。
私もsarah moon大好きです。
それでsarahっていうわけではないですけど^^
好きな写真家たくさんいて困りますねー
【2007/08/28 10:08】 URL | sarah* #mQop/nM.[ 編集]
あのベンチなら、きっと悟れるはず。
【2007/08/28 12:37】 URL | ウナム #A8BJpryA[ 編集]
植田さんは原点、という感じがしますね。
今活躍している人沢山影響を受けてますね。
Michael Kennaはすごいなーと
思います。
どうしたらあんな風に撮れるんだろ。。。
【2007/08/28 21:54】 URL | やぎ #9L.cY0cg[ 編集]
+sarah*さんへ
昨年、sarah*さんのお名前を拝見したとき、
真っ先にsarah moonが浮かびましたよっ ^ ^
その後sarah*さんもマイケル・ケンナが好きと知って、
失礼ながらとても親しみを覚えたんでしたー!

sarah moonの映画監督デビュー作『ミシシッピー・ワン』を
Bunkamuraに観に行ったのは1992年頃?
渋谷パルコの洋書店で彼女の写真集に出会い、
とても好きな世界だと知った私は、彼を誘ってデートで観ました。
それ以来、ずーっとファンです。

好きな写真家さん、たくさんいます ^ ^
写真家さんたちにも影響を受けていますが、
写真の分野にとどまらず、影響受けまくっているアーティスト、
芸術家の方々は数知れず!
音楽、言葉の世界の皆さんも見逃せませんねっ。
【2007/08/28 23:14】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+ウナムさんへ
ウナムさんは、まだまだ悟らなくていいですよー!
のびのびと思いっきり弾けてほしいです ^ ^
その道程の途中途中で見たこと、感じたことは
たくさんのウナムファンの道しるべになるに違いありません。
ねっ。
【2007/08/28 23:14】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+やぎさんへ
私が植田正治さんの世界と出会った日。
私は今でも忘れることができません。
植田正治写真美術館のオープン記念に開かれた
1995年10-11月、パルコギャラリー『へのへのもへの』展です。

↑のsarah*さんへのコメントにも記していますが、
私は学生の頃から、渋谷パルコの洋書店ロゴスやギャラリーに足を運んでいました。
その日もB1の書店をチェックしていると、
私の好きな世界がここにーーーーっ!って大興奮の写真集がズラリ並んでいました。
その写真家が植田正治さんでした。
ギャラリーで写真展を開催していたので、書店でも特集が組まれていたんですね。
すぐにギャラリーへと向かいました。
近づいていく途中、大好きな遊佐未森さんの曲が会場から流れてきて、
思わず走りよってしまったことをはっきりと覚えています。

『へのへのもへの』展では、やられっぱなしでした。
今思えば、本当に失礼極まりないというか、
お前、なにさまだよー(怒)という感じなのですが、
私が追い求めている世界、好きな世界を持っている人がここにいたんだ!
とうれしくなってしまったんです。
同じ感覚の人がここに!って。

ご、ごめんなさーい >_<

あんな巨匠に対して!
そして、全国の植田正治ファンの皆さまに申し訳ないですっ!
でもでも、それが私の植田正治さんとの出会いでした。
なぜ、そんな写真展の日程まで出てくるかというと、
その切符やチラシ、その時買ったポストカードを
今でもちゃーんと大切に持っているからです。
決定的瞬間ではなく、徹底的に作り上げた世界観を表現すること。
それを見せてくれたのが植田さんでした。
何の知識も先入観もない私の心に、その名と世界観がしっかりと刻まれました。

そして……。
Michael Kennaを初めて観たのもパルコギャラリーでした(笑)
その後、ずーっとあんな“静寂の写真”を撮りたくて、何年も試行錯誤していました。
でも、Michael Kennaのような“静かな写真”がまったく撮れなくて、
当時の写真の先生にポロッとこぼしてみたら、
「あの世界は35mmでは撮れないよ」。

えっ、先生。そうなんですかー!
もう何年もがんばってしまいましたよー。無駄でしたか……(苦笑)

今はなき赤坂の写真文化センターにMichael Kennaさんがいらしたセミナーに
参加したことがあります。
友人と申し込んだのが1番、2番だったため、最前列で彼のレクチャーを聴きました。
そのとき、私が好きなあの静かな写真の世界が、
7時間も8時間もシャッターを開けて撮られていることを知りました。

パシャッ。
という一瞬で撮れる世界ではなかったんだな……。
と、ものすごく感動したことは、今でも私の糧です。
素晴らしい世界は、そんなに安易に作られるものではなかったのです。
その時から、時間をかけること、苦労することを恥じることなく、
とことんやってみようという気持ちが今の私を支えています。


……あ、思わず語ってしまった。恥っ!
皆さんの好きな写真家さんとの出会いの時。
お聞きしたいなぁ~。
【2007/08/28 23:22】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
こんな空間が欲しかったです^^;
ま、もう前の話ですけどね。はは♪

好きな写真家さん…んー、改めて問われると誰?ってなりますが、僕の場合身近な人のほうが多いです。
【2007/08/28 23:53】 URL | たろー #-[ 編集]
+たろーさんへ
こんな空間が欲しかったですか ^ ^
もう今はいらないのですか~~~(笑)
身近な方の写真が好きというのも、いいですね。
私もブログの世界を知ってから、大ファンになったブロガーさんが
たくさんいますよ!
【2007/08/29 07:22】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
瞑想するにはちょうどよい場所ですね・・・zz
【2007/08/29 17:36】 URL | 水色鉛筆 #Ml64o.Ow[ 編集]
安珠が好きとは、知らなかったです~
私も、彼女の写真は秘かに好きでした。
【2007/08/29 22:25】 URL | pinoyuki #-[ 編集]
+水色鉛筆さんへ
暗闇に射す光の中で瞑想したら、
どんな風景が心に広がるのでしょう。
静けさに包まれて、落ち着けるでしょうか。
それとも……!?

水色鉛筆さんの瞑想時間は、どんな感じなのか
ちょっと興味津々です ^ ^
【2007/08/29 23:15】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+pinoyukiさんへ
雑誌などで見かける安珠さんの写真の色合いが
他の人の撮る写真とは明らかに違っていて、大好きになったのです。
たぶん、sarah moonを知った前後あたりじゃないかな~。
私の好きなヨーロッパの空気感が漂っていたし ^ ^

確か原宿で観た写真展で、その不思議で素敵な色合いが
ポラロイドだったことを知ったときの衝撃ったら!
小さなポラがフワリと飾られていたことを覚えています。
会場はラフォーレ・ミュージアムだったと思うのですが、
『サーカスの少年』か『恋文の森』か『星をめぐる少年』か……。
ちょっと記憶があいまいです(笑)
もちろん、ポラ作品以外も好きですよー。

pinoyukiさんも安珠さんが好きだったんですね!
今までそんな話をゆっくりすることはなかったですものねー。
「密かに好きでした」って、過去形?
今度、おいしいワインを飲みながらおしゃべりしませんか。
【2007/08/29 23:17】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
椅子が浮き上がって、なにか感じる写真です。ちいさな華やかさがありますね。
【2007/10/27 12:42】 URL | macski #Ch4iu8iI[ 編集]
+macskiさんへ
この写真は、小さなミニチュアのイスを光の中に置いています。
夜の駅ビルで、小さなライティングスポットを見つけて撮りました~。
イスを持ってウロチョロしている私は相当怪しかったと思います ^ ^

“何か”を感じてくださって、うれしい~!
【2007/10/28 22:17】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ