カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
言葉の湿度、小さな後悔、あなたの距離。
R-284

【2007/08/03 00:00】 | ベンチのある風景 | コメント(8) |
<<月あかりにひとり。 | ホーム | 暑中お見舞い申し上げますでち! from あずあず>>
コメント
こんばんは!
このなんともいえない不思議な世界。
どうやって撮れるのだろう。
吸い込まれそうな蒼がとても綺麗ですね。
【2007/08/04 21:59】 URL | hayano #-[ 編集]
意味深なタイトルですね~!

長めのベンチ、彼との距離が感じられます。
そのベンチの辺りだけ、白く湿った様な色遣い。
 ・・・
「もっと近くに座って」「あなたの温かみを感じたいの」「これが最後でも後悔したくないの」・・・
なんて言うストーリーでしょうか?
【2007/08/05 00:46】 URL | makira #-[ 編集]
+hayanoさんへ
不思議な色合いに仕上げてみました ^ ^
スキャニングしたらちょっと色味が変わってしまって、
私自身はポジそのものの色が好きなんですけど、
もともとモニターによって色が違って見えることが大前提ですので、
あまり気にしないことにしています。
でも、こういう写真は、皆さんのモニターにどんな色合いで映っているのか
気になっちゃいますね……!

ベンチの写真はタングステンフィルムで撮っているのでブルー。
そこに別ポジを重ねて仕上げています。
ベンチの部分に光が入って、ブルーが少し見えるような別ポジをさがすのに
ちょっと時間がかかっちゃいましたが、
好きな雰囲気が出せて、私としては満足(笑)
【2007/08/05 07:55】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
+makiraさんへ
意味深でしたね~。このタイトル(笑)
意味深というか、意味不明?
あはははー!

自由に想像の羽を広げちゃってくださいねっ。

この主人公は、小さな後悔の言葉が胸のいっぱいにあふれてしまって、
ベンチに座れないでいます。
たぶん……。
【2007/08/05 08:01】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
うわー。とっても手が込んでいるんですね。
私は思うまま撮ってるだけなので、少し見習いたいです;
そうそう、それぞれの方のモニターで見える色合いって気になりますよね。
こればかりはどうにもならないけれど、やっぱり気になっちゃいますね;
【2007/08/05 23:09】 URL | hayano #-[ 編集]
+hayanoさんへ
思うままに撮る。
それは写真の基本ですよね!
私はそんな写真も大好きですよー。
ただ、自分が好きなイメージ、好きな色、好きな世界を求めると
「私のエッセンス」を加えて仕上げることになってしまいます ^ ^
ずっとポジで撮っているので、笑っちゃうくらいシンプルな方法を駆使しています。
手が込んでいるというようなものではないんですよ……!
そんな不器用な私の世界観、皆さんに伝わるとうれしいなぁ。
【2007/08/05 23:41】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
あなたの優しい声には 艶がある
艶がある声って言うのは 適度な湿り気があるという事だ
だけど その声が 渇いて聞こえた時
そこに 少しの距離を感じた
私の勝手な思い込みだったはずなのに
そこから 距離は どんどん広がって 
やがて どうしても届かない距離になっていく
後悔しても もう 戻らない
あの 湿り気を帯びた 艶のある声を
もう一度 聞かせて欲しいと思って
私は 今夜も このベンチで あなたを 待っている・・・

な~んて ドラマ風に 書いてみました
そうでしょう?
【2007/08/07 23:12】 URL | FuzzBuzzIlfar #-[ 編集]
+FuzzBuzzIlfarさんへ
むかーし昔、私が中学生だった頃、
深夜radioを聴くのが流行っておりました。
夜の10時では、まだまだ全然まったくもってして深夜ではないのですが、
子供plrにとっては、かなり深夜気分♪
学校では、文化放送派とニッポン放送派に分かれていて、
私はニッポン放送派でした。

ふぁずさんのstoryを読んで、
大好きだった「夜のドラマハウス」という番組を思い出しました!
(知ってる~という人がいたら、お友だち年代ですねっ ^ ^)
ナレーションの声だけで、どこまでもどこまでも広がる物語の世界。
物語には、活字向きのものと、朗読向きのものがあると思っていますが、
ふぁずさんのこのドラマは、まさに朗読向きですね!

最後に流れるBGMはどんな曲でしょうか。
【2007/08/08 00:14】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ