カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
いつまでも褪せない気持ちがあったなら
R-207

【2006/12/26 00:00】 | letters | コメント(14) |
<<いつでもハムスター年! | ホーム | 12年前の雪だるま。>>
コメント
最初の気持ちがいつまでも続いたら
幸せ

でも
気持ちが続かないことに気づいたあと
知った上で続けていくことも
素晴らしくて、幸せ

のような気がするときもある
【2006/12/26 20:53】 URL | ウナム #A8BJpryA[ 編集]
ウナムさんへ
褪せない気持ち。
それがどんなにすごいことであるかを…。
そして本当は、
気持ちは続いていかないものであることを…。

どちらの真実も受け止めて、
写真や言葉に込めていけたらいいなと思っています。

想定外の方向から飛んでくるウナムさんの言葉は
いつも私を驚かせてくれます!
ちょっとボンヤリしがちな私は、「ヒャッ!!」と慌ててしまいますね(汗)
どこから飛んでくるかわからないウナムボールを
真正面からちゃーんと受けとめられる私でいたいなーと思います。
ウナムさんの言葉は私のこやし!
【2006/12/26 22:23】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
いつまでも褪せない気持ち・・・・そうありたいですね。
でも褪せても新鮮な気持ちに戻れる・作りだせる人でいたいです。
【2006/12/27 00:38】 URL | 黒ラブ #-[ 編集]
こんにちはー。
トーンと落ちてる葉の影が
とても印象的な作品ですね!
【2006/12/27 10:35】 URL | やぎ #9L.cY0cg[ 編集]
"褪せない気持ち”、本当に心から感動するものであれば、なかなか褪せないのでは、もし褪せるようであれば、本当の感動ではないと思いますが。今は打算で、表面上の言葉が多く、感動することが少なくなっているような気がします。かえって、昔のことで褪せないことの方が多いかな?と。特に、ブログを始めましたら、顔が見えないだけに、言葉で感動し、褪せない気持ちを持つことは、ほとんど不可能かなと思い、寂しい気がします。ちょっと、年寄りの考えすぎかしら?
【2006/12/27 12:19】 URL | sakura #-[ 編集]
初めまして
ご訪問有り難うございます、トタンの塀に落ちる木の陰 何でもない風景にレンズを向けるカメラアイ 勉強させて頂きました。又のお出でお待ちしています。
【2006/12/27 14:36】 URL | ジョン #-[ 編集]
黒ラブさんへ
“気持ち”というのは自分の思い通りにならず、
勝手に湧き上がり、盛り上がり、沈み込み、
消え去ったり、しつこく残ったり……。

いつまでも褪せないで色濃く私の中にとどまり続ける気持ちには、
まっすぐに向き合うしかないかもしれません。
忘れたくない大切な思いなのに、もし淡く褪せてしまいそうなら、
黒ラブさんのように新鮮な気持ちに戻って、また新しく作りだせたらいいですね!
【2006/12/28 00:10】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
やぎさんへ
ちょっと独特な色合いのトタンに強い陽射し。
一度テープで乱暴に塞がれてしまったポストが、再び開いていました。
ここにどうしても届けたい手紙があるのだから…と
言っているように思えました。

褪せない気持ちがあったなら、手紙に託して届けましょう。
そんな気持ちは誰かに必ず伝わりますよね!
やぎさんの素敵な写真に込められたメッセージたちも、多くの人に届いているんでしょうね ^ ^
【2006/12/28 00:12】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
sakuraさんへ
“褪せない気持ち”というキーワード。
sakuraさんにとっては“感動”なのですね!
心を強く動かした感動なら、それは褪せるものではないかもしれませんね。
そんな感動を味わえたらステキっ!!

布に落とした色が、時間を経て風合いを纏い、
時には褪せることがあったとしても、
それは熟成という変化ですね。
私はブログを通じて知り合えた皆さんとの「出会い」を、
大切に熟成させていけたらいいなーと願っています。
その思いはまさに私の“褪せない気持ち”。
sakuraさんに届いたらいいなぁ。

顔は見えないけれど、sakuraさんとの出会いは“感動”そのもの!
【2006/12/28 00:13】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
ジョンさんへ
何気ない風景が輝いて見える。
カメラを手にした人たちだからこそ見える「瞬間」や「場面」がありますね。
何でもない風景が特別なものに感じられたとき、
写真という表現方法に出会えてよかったなぁと改めて思います。
また見にいらしてくださいね! 私もうかがいまーす。
【2006/12/28 00:15】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
拙い表現でしたが、私の考えをご理解していただいて、ありがとうございます。
>布に落とした色が~
まさに仰るとおりで、実は私は草木染をやっておりますので、時間が経ちますと、色が褪色します。でも、きちんと染めたものは褪色ではなく色がこなれて行き(熟成、そのとおりです)、色がとてもやさしくなっていきます。私は捨てられていく植物の中から、このような色が出ていくことに
、まさに感動してこの世界にいるようなものでございます。ブログを通しての感動は、褪せるものもあれば、PIrさんのように、お話をさせていただけばいくほど、感動が色濃くなっていくものもあります。それは、そんなに簡単には褪ないのでは。。。
年の終わりに、このようなコメントをさせていただけるとは、しあわせでございます。来年もよろしくお願いい申し上げます。どうぞよいお年を。(^^)
【2006/12/28 08:44】 URL | sakura #-[ 編集]
お久しぶりです!
なかなかコメント残せなくてごめんね。
でも色々素晴らしい作品を拝見できた一年でしたよ。
また来年も独特の世界を沢山見せて下さいね*^^*
ではでは・・・ステキな新年となりますように。
【2006/12/28 12:14】 URL | bianca #cK8v8HAk[ 編集]
sakuraさんへ
染色の知識など何もない私ですが、sakuraさんのご専門の世界のことへ想像力をフル回転させて
イメージしてみました。
とても奥深く素敵な世界だと思います。

色も写真も言葉も気持ちも、自然に流れるまま任せるというのも
いいかもしれませんね。
感動は抑えられないものなのですから ^ ^
【2006/12/29 01:33】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
biancaさんへ
こちらこそ、いつも写真を拝見させていただきながらもコメントを残せないでいますので、
どうぞお気になさらずに~!
biancaさんの写真に気持ちがとても揺さぶられるのは、
biancaさんの心とメッセージが強く込められているのを感じるからだと思います。
私もこれからも楽しみにしています~っ。
【2006/12/29 01:34】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ