カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
もう少しだけここにいよう。
R-181

【2006/10/18 00:00】 | ベンチのある風景 | コメント(12) |
<<We are all alone. | ホーム | 夏の陽炎の向こうに>>
コメント
全体がマゼンタ色っていうのも なんだか斬新で見入ってしまいます^^
【2006/10/18 08:42】 URL | rodol #aIcUnOeo[ 編集]
誰かを待つて、このベンチに腰を下ろしたら
私だったら3時間は待っていられそうだな!!
まっ、時間があればということですが。
気持ちはいくらでも待っていたい・か・な?
【2006/10/18 17:25】 URL | チェルシー #wnVGP2ss[ 編集]
全体がワインレッドの色の中での一つのベンチ。陽が当たって・・・その陽も決して高くない夕日のイメージ。私が腰をおろして彼女を待っていていてもいいし、彼女が来るまで後ろで待っていてもいい・・・待つという時間を忘れさせる世界がありますね!
【2006/10/18 22:00】 URL | makira #-[ 編集]
rodolさんへ
これはチェコで撮った写真なのですが、
この頃、色を入れて撮るのがマイ・ブームだったんですね(笑)
照明用(?)のカラーセロファン見本のような束を持っていたので、
いろんな色を加えて撮っていました。
特にチェコではマゼンタ系が気分だったみたいで、
過去にUPしたチェコ写真も、赤っぽいものが多いです ^ ^
チェコを含め、中欧はもう一度行ってみたいなぁー!
【2006/10/18 23:14】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
チェルシーさんへ
私は自分が人を待たせるのがものすごーく嫌いなのですが、
待つのは全然大丈夫!
来るとわかっている人なら。
ときどき、待ち合わせ時間を過ぎても約束した人が現れないと
最初に思うのは「私、場所間違ってる?」。
筋金入りの方向音痴、場所音痴なので、たいてい自分が間違った!と焦ります。
そして、本当に間違えてることも多いんです…。
って、なんかどんどん関係ないレスになってしまいました~。

時間がある限り待っていたい人がいるって、素敵ですね!
【2006/10/18 23:16】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
makiraさんへ
なんてロマンティックなんでしょう。
makiraさんは待つ人なんですね!
もし、「待つ」と「待たせる」のふたつのタイプがあるのなら、
私は絶対「待つタイプ」です。

大切な人を待たせて急いでいる私も可愛いけど(笑)
待っている時間を幸せに思える醍醐味を知ってる方がいいなー。
でも、このベンチに座って私を待っている人の姿を後ろから見てみたい気もします。
たくさん待たせることはできないですけどー!!
「自分を待っていてくれる人」という存在は、ほんとに大切ですね!
makiraさんにも、そんな人がいるんですね~ ^ ^
【2006/10/18 23:18】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
暖かいのに なぜか 寂しいと感じてしまいました
【2006/10/19 10:22】 URL | ふぁず #-[ 編集]
私には、もうすこしと言う時間、どれだけなのかな?心のあり方で、時間の長さと背中に当たる光の温かさが違うかもしれませんね?もうすこしだけいたいと言う場所を持ちたいです。時々、無性に現実逃避をしたくなるときがありますから。(笑)こんな陽だまりで、何も考えないで、!ぼんやりしたい
【2006/10/19 22:33】 URL | sakura #-[ 編集]
ふぁずさんへ
あたたかい風景でも、寂しさを孕んでいたりしますね。
私は、胸の奥がキュンとなるようなせつなさを感じられるような場面が好き。
だから、私が自分の作品を仕上げるとき、
無意識にせつなさを込めているかもしれません。
そんな雰囲気がふぁずさんにも伝わったのならうれしいな!
【2006/10/20 05:52】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
sakuraさんへ
毎日繰り返される私の日常は、バタバタといつも急いでいて
あーっと言う間に過ぎていってしまいます。
足早に通り過ぎていくだけではなく、
ただゆっくりと時間の流れに身をゆだねてみるのもいい…。
なんだか立ち去りがたくて、「もう少しここにいよう」と思える余裕とそんな場所を
私も持ちたいです!
【2006/10/20 06:10】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
自分の場所をつくりたい。

と思いました。


お決まりの場所♪
【2006/10/20 20:05】 URL | ウナム #-[ 編集]
ウナムさんへ
ウナムさんはどこに行っても、どこにいてもきっと
その場所が自分の場所になると思いますよ!
大丈夫っ。
【2006/10/21 00:39】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ