カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
君への思いは全てここに置いていく
R-153


私について.11
 魚座。

 魚なのに泳げません。カッチョ悪っ!


↓もう1枚。
R-154

【2006/08/21 00:00】 | ベンチのある風景 | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<日々感謝 | ホーム | タイムトラベル>>
コメント
おっはようございます。
残暑お見舞い申し上げます。
こういった石畳は日本にはないですね。
やっぱりパリのですか?
フェンスの造りもちょっと違う。

因みにおいらはさそり座!
ロンは歩けるようになり、薬もなしです。
ただ、ムリせず散歩もゆっくり歩き、直ぐ帰ってきます。
ハムのあずきちゃんには夏バテないのかなあ。
【2006/08/21 08:11】 URL | ロン #-[ 編集]
こんにちは
んーかっこいいー!
テキストいれたくなりますw
石畳は併せポジですね♪
【2006/08/21 12:57】 URL | bb□ #-[ 編集]
さそり座のロンさんへ
すっごーい! もしや石畳博士?(笑)
石畳は去年7月、パリ・ポンピドゥーセンター前で。
ベンチの方はいつものことながら10年くらい前に撮った職場近くのベンチです。
(このころの職場は神奈川だったなぁ~)
淋しげにポツンとあるのが気になってしかたなくて、
何度も通って撮った記憶があります。
草の波の中で、誰かが座ることを拒否しているかのようでした。
それにしても暗い写真だ…。

ロンちゃん、歩けるようになってきたんですね!
それは本当によかった。お大事にね。
あずきはグッタリしている時もありますが、けっこう元気ですよ!
【2006/08/21 21:41】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
bbさんへ
石畳がちょっと目立ちすぎましたね…。
イスの写真は、最初に色を入れて露出アンダーで撮っているので、
その段階で完成していたのですが(2枚目は何も入れていません)、
「全てを置いていく」決意をもう少し出してみよー!と思って、
重ねてみました。
石畳のポジをもう少し明るく撮っておくべきだったなー。
クドくなかったらいいんですけど、やり過ぎは禁物です。
その辺の加減がムズカシイッ。

bbさんだったら、どんなテキストを?
よかったら聞かせてくださーい!!
【2006/08/21 21:44】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
お久しぶりです。
台風の居座った九州でウダウダしていましたが、涼しくて快適そのものでしたよ^^
でも・・、
草までも岩のように凍りつかせる冷めた思いと、
灼熱の炎に身も焦がれるほどの熱い思いと、
いずれにしても、哀しすぎる思いはどこかに置いていくしかないですね。
【2006/08/21 22:07】 URL | K #6SlKZDlg[ 編集]
こんばんは。
苦しい決意で置いてきた思い、時を経て、今は暖かな光に包まれている。そんな感じがしました。

タイムトラベルのフワフワな感じ、クリームだったんですね♪
レンズベビーかな?とか一瞬思いました。
実はどんな技を使っていらっしゃるのか、いつも興味津々です。
私は、湘南育ちの癖に泳げません。これも、かっちょ悪っ。。
【2006/08/21 22:31】 URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM[ 編集]
Kさんへ
こんばんはー!
九州でいい休暇を過ごされましたか。
お帰りなさーい。
私は猛暑の東京で変わらない毎日を送っていましたが、
皆さんの夏の思い出写真を見せてもらうのが楽しみです~。
Kさんの写真も楽しみにしていますよ!

この写真の主人公は、せつない恋をしている青年なのですが(私の設定では ^ ^)、
そろそろ先に進めるように、いったんふっきってもらうことにしました(笑)。
でも、この[彼]はたぶん、忘れることなんてできないでしょう。
だから、「全てを忘れる」のではなく、「思いを置いていく」のです。
一歩でも先に進むために…。
【2006/08/21 23:59】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
ヒツジ草さんへ
時を経て、苦しい思いも暖かな光に包まれる…。
その時はわからなくても、後になってそう感じられることはあるかもしれませんね。
本人は辛そうですけど。

私はカメラに関する知識とかはあまりないので、イメージを具体化するために、
超アナログな方法でやっています~。
技なんていうものではありませんので、気になることがあったらご質問くださいね!

ヒツジ草さんは湘南育ちなんですねっ。
なんかカッコイイ~ッ!!
泳げなくても、カッチョ悪くないですよー。
ポイント高いです。湘南は。
【2006/08/22 00:01】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://photoletterrain.blog46.fc2.com/tb.php/173-db90bcce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ