カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
one night stand ~かすれた夜に何かが壊れた
R-152


私について.07
 初めてのカメラはOlympus Pen。

 フランスのホームステイ先で、36枚撮り10本で720枚も撮れることに超びっくり~!
【2006/08/13 00:00】 | non-カテゴリ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<明るい朝陽の射す窓辺から | ホーム | それはとても懐かしくて。>>
コメント
これはパリの夜ですか。
「翼よ、あれがパリの灯だ!」とか「パリは燃えているか!」とかいう言葉や歴史がふと頭に浮かびます。

今のご時世では、「テロの火か!」なんて思ってしまいますよね^^;
one night stand とは、
一夜限りの~みたいな意味ですか??
外国語は弱いのです^^;
そういう、一夜限りは願い下げですね。

小さい頃我が家はCANON DEM Iでした。
知らないというのは怖いもので、
ASA感度やら絞りやらの調節をなんだろうと適当に動かしてそのままにしていたりで、
一本丸ごと真っ黒なんてことがよくありました。
PENは今人気ですね。
【2006/08/13 10:34】 URL | K #6SlKZDlg[ 編集]
Kさんへ
ブレすぎてエッフェル塔に見えませんが、7月14日、革命記念日のパリです。
ずいぶん前になりますが、NHKスペシャル『映像の世紀』という番組がありました。
胸に迫るドキュメンタリーで、世界の歴史の重みがひしひしと感じられ、
今でもビデオで繰り返し見ている番組です。
そのメインテーマ曲が加古隆さんというピアニストの『パリは燃えているか』。
加古さんがこのタイトルを付けた思いをここに記すことはしませんが、
パリを思う時、この番組と曲を思い出さずにはいられません。
日本の、そして世界の、今も続く毎日の歴史を夏の日に思いつつ、
革命記念日の写真をUPしてみました。

その昔、うちにあった唯一のカメラがオリンパス・ペンだったんですよー。
フランスに持って行く時、母親に使い方を教えてもらったのですが
「撮れない時はシャッターがおりないから、
 シャッターがきれるまでいろいろやってみるべし」という、超アバウトな説明!
わけがわからないまま、トッポジージョ似のジャン=フィリップ先生を撮りまくったっけ…。
【2006/08/13 21:04】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://photoletterrain.blog46.fc2.com/tb.php/169-3aae2c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ