カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
幼い日、私たちはこの森に宝ものを隠した。
R-138

【2006/07/22 00:00】 | ベンチのある風景 | トラックバック(0) | コメント(22) |
<<目覚める直前の夢に---デジャ・ヴュ | ホーム | M氏の休日。>>
コメント
小さなベンチが不自然なほどにポツンとそこにあった。
年端もいかない二人のやることである。
まさか、あの日の二人が目印にと置いた、
あの玩具の小さなベンチが、
今こんなところにあろうはずがない。
いつの時代も、
子どもは同じ遊びをするものだ。
犬や猫でもあるまいし、
時として一番大切なものを見失ってしまう。
M氏はまた元来た道を戻って行くのだった。
【2006/07/22 22:09】 URL | K #6SlKZDlg[ 編集]
おかえりなさいです(^-^)
パリは如何でしたか?とっても羨ましいです♪
この写真と下の写真、、、
何故か組み写真のように感じました。
物語を感じてとっても素敵です!
ベンチ、光、後姿、影、、、
僕の好みの要素が満載ですね。

帰国されたと言う事でポストカード、、、送らせていただいても良いですよね(^-^)
遅くなりまして本当にゴメンナサイです、、、
【2006/07/22 22:39】 URL | ショウ☆ #-[ 編集]
うぁぁぁぁぁぁぁ
めちゃつぼにハマる青色です。:゚(。ノω\。)゚・。(感激)
ベンチのところにスポットライトが当たってるみたいですね。
今からお芝居が始まりそうな感じがします。
【2006/07/23 01:09】 URL | michi #-[ 編集]
走り疲れるまで夢中で走り回っていた、
そんな情景が目に浮かんできますね。
私の宝物は、変なガラクタばかりだったような。。。
ブルーの木漏れ日は、記憶の断片~?
【2006/07/23 02:20】 URL | OHara #-[ 編集]
Kさんへ
時として一番大切なものを見失ってしまう…。
というところに、ジーンときちゃいました!
M氏のつぶやきが渋いですねー!!
(M氏につながっているとは、思ってもみませんでしたよー)
いつか見たことのあるような既視感が漂ったかなぁ。
【2006/07/23 10:44】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
ショウ☆さんへ
おや? 
ショウ☆さんもM氏の写真とつながってる感じを受けましたか?
皆さんに意外な視点を教えていただいて、楽しいです。
物語そのものな写真を撮るショウ☆さんに、
物語を感じると言っていただいてうれしーっ!!

ポストカード、首を長ーくして待ってます!
こちらこそ、きちんと帰国のご連絡をしなくて失礼しましたっ。
【2006/07/23 10:53】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
michiさんへ
スポットライトが当たってるみたいでしょ?
それは、陽射しの中に自分で置いたから~~。
なんて、見ればわかりますね ^ ^
木のところに青い色が欲しくて、青いペンキで塗られたベニヤ板を撮ったものを加えました。
流れるような刷毛の跡が、空と雲のニュアンスを出してくれたと思ったのですが、
どうでしょう。
【2006/07/23 11:01】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
OHaraさんへ
子どもの宝物というのは、ガラクタだったりしますね。
でも、本人にとっては「ヒカリカガヤク、タカラモノ」。
誰の胸にも、記憶という青い木漏れ日の中で光り輝く宝物が
眠っていることでしょう。
【2006/07/23 11:08】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
初めまして!履歴からきましたw

ちょうど今、父親とケンカしていたところに
コチラのブログに出会い、写真に癒されました。
ありがとうございます。
とても透明感があって、
木々の間からスーっと光がベンチに伸びているような感覚が
とてもキレイですね。

また遊びにきます!
【2006/07/23 19:26】 URL | エッカ。 #1yyA0dt6[ 編集]
お帰りなさい(^^)/

僕ね、「幼い日、私たちは...」って言ってるのが、もう何代も前のおじいちゃん、おばあちゃんたちのように思えるんですよ。
自分たちの子供たち、孫たち、曾孫たちに向かって、「ほら、ここだよ!ここに宝物を隠したんだよ!早く気付いて!」
と、目印にベンチを置き、晴れた日には木々の間からこうして光をあてている。
いつ、そのことに気付いて、宝ものを手にして幸せになる子供が現れるのかな...(^^)

パリ、どうでしたー?
僕は一度だけ行ったことがあるんですが、1週間の間、ひたすら朝から晩まで美術館をまわっていましたよ。
なので、パリで撮った写真って、一枚もありません。
その分、頭の中にしっかりと風景が焼き付いているような気がします。
また行きたいなぁ~(^^)
【2006/07/23 20:43】 URL | ベルニナ #-[ 編集]
エッカさんへ
はじめまして、よろしくお願いいたします!
皆さんに、いろいろな想いを感じてもらえる写真を目指しています。
エッカさんも、お父さまとすれ違っている感情を抱いている今、
いろいろと感じてもらえる瞬間があったならうれしいです!
これからも、写真を通じていろいろなお話しができたらうれしいーです。
また見に来てくださいね!
【2006/07/23 21:48】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
ベルニナさんへ
その人にとっての「その時、その瞬間」。
それぞれ違うものですよねー。
でも、パリという町を通じて、越えて、
深く埋めた思い出が、今に通じていってくれたなら、
そんなにうれしいことはありません。
私の宝物が私のものでなく、次の世代に生きる人たちに通じるものであったならと
願わずにはいられないのですー!



【2006/07/23 22:14】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
森の青い光と、ポツリと光が照らされたベンチが素敵ですね。
タイトルのつけ方も感心しました。。。
【2006/07/24 10:35】 URL | suzukky #SXd/GeLg[ 編集]
suzukkyさんへ
このベンチはミニチュア(見たらわかりますね ^ ^)。
私も小さくなって、こんな光の中に置かれたベンチに座ってみたいなー。
幼い日にタイムトリップできそうな…。

タイトルを誉めてもらうと照れちゃいます~!
【2006/07/24 20:46】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
こんにちは。

スポットライトを受けて、ホントにこれから舞台が始まるみたい!!
タイトルと写真が どんぴしゃ♪ ですね ^^
「kero が隠した宝物は・・・」 と、幼い日にタイムスリップしちゃいそうです(笑)
【2006/07/29 06:14】 URL | kerokero #F3JF46A2[ 編集]
kerokeroさんへ
写真のイメージとタイトル、合ってます?
それはよかったぁ~!
keroさんが隠した宝物は何でしょう。
私が隠した宝物はね……、内緒っ!!
【2006/07/30 00:37】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
はじめまして。

こんばんは。Yuiともうします。
いろいろ写真みさせてもらいました!

なぜかこの一枚に惹かれました。
天然のスポットライトを全身でうけとめた
持ち主の帰りを待つベンチ。

なんちゃって(笑)

これからも写真どんどんアップしてください。
とても楽しみにしています。

応援ぽちん☆
【2006/08/09 03:12】 URL | Yui #-[ 編集]
Yuiさんへ
写真を見ていただきましてありがとうございます!
いろいろ感じてくださった様子、うれしいですー。
Yuiさんに何らかの印象を残せたなら、よかったよかった。
ブログ上ではありますが、写真集をめくるように
パラパラと見ていただけたらと思います。
また見に来てくださいねー。
【2006/08/09 06:54】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
ぽつんとあるベンチのとこだけに光があるのがきれいですね色:CC99CC]色付きの文字[/色]
【2006/08/10 18:03】 URL | annri #-[ 編集]
annriさんへ
こんにちは。
私の写真を見てくださって、ありがとうございます!
本物のベンチでこんなシチュエーションに出会えればいいのですが、
なかなかそうはいかないので、ミニチュアベンチを光の中に置いてみました。
小さい分、「ぽつん」としたイメージが強調されて、
私自身も気に入っている1枚です。
しつこいくらいにベンチが登場したりしますが、いろいろ見てくださいねー!
(このミニチュアベンチを使った作品は、過去にもいくつかUPしてます。
 探してみてくださいね!)
【2006/08/10 23:24】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
面白いですねぇ!!しばらくじっと見ていろいろ自分なりに物語をつくるイメージの構図を想像してみました。

この写真の中央光のステージに天から光と共に神々が降りたって語り合っている。その位置から少し離れてベンチがある。隠し物の目印にと、もしくは、二人はベンチに座り楽しく隠し場所を何処にするか知恵を出し合っている。

神々(大人)は何でも知っている、それはど真ん中にどんと配置された光が象徴しているように思います。
そして、分かりやすい配置にでも大人の光から控えめにおかれたベンチが子供の知恵を表現しているのかなぁ、と。

とてもいろいろ想像出来て楽しいですね!
【2006/08/25 10:16】 URL | ゆうさく #-[ 編集]
ゆうさくさんへ
すてきなシーンを想像していただきまして、ありがとうございます。
神々登場とはっ!!
道に注ぐ光が、いろいろな想像を運んできてくれるのでしょうか。
もう少し「森」っぽければよかったのですけど…。
私の方こそ楽しませていただきました。

皆さんがこの写真に立ち止まってくださったこと、うれしく思っています。
【2006/08/25 22:30】 URL | plr #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://photoletterrain.blog46.fc2.com/tb.php/156-ed114510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ