カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
記憶の行方
R-125

【2006/06/16 00:00】 | ベンチのある風景 | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<守り続ける過去 | ホーム | 雨宿りのおしゃべり>>
コメント
こんにちは。

わあ~、これ時計ですね。
それでタイトルが「記憶の行方」。
やっぱり、こんな雰囲気のものは最高です。
それでは、又。
【2006/06/16 10:22】 URL | ロンです。 #-[ 編集]
こんにちは♪

あの頃の記憶は何処に行っってしまったんでしょう?
これからの記憶は此処へとどまるのか
あるいは何処かへ行ってしまうのでしょうか?

なんだか「一人感傷劇場」を上演しちゃいました(#^.^#)デレデレ

いつもステキな写真にホレボレです!

【2006/06/16 11:14】 URL | waojou #-[ 編集]
あぁあのころにもどりたい。

そんな気がしました。
【2006/06/16 19:46】 URL | ウナム #-[ 編集]
ロンさんへ
こんにちは!
時間の流れって、その時々で速度が違って感じられます。
だから、時計も好きなモチーフのひとつですー。
3/8「時空を超えて出会うものたち」にも同じ時計が出てますので、
ぜひ見てみてくださいねっ!
【2006/06/16 20:39】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
waojouさんへ
こんにちは!
一人感傷劇場、いいじゃないですかー!
素敵ですよ~。どんどん上演してくださいねっ。

思いのままにならない記憶、思い、時間……。
どこへ消えてしまうのでしょう。
見えないだけで、どこかにあり続けるのでしょうか。

はて?
【2006/06/16 20:41】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
ウナムさんへ
こんにちは!
ウナムさんには、戻りたい「あの頃」があるのですねー。
誰にも、そんな「あの頃」があるのかもしれませんね。
どうかな。
【2006/06/16 20:43】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
リンク、どうもです。
やはり、ホリーワーバートン、ご存知だったのですね、
さすが~。
photoletterrainさんの作風より、もっとハードですけどね~。
そんな中でも、わりと、やんわりの「サロメ」が好きで、
家にもひとつあります。
今でも、大事にしていますが。。。

記憶って、どんどん消えてゆきますが、
きっとどこかに残っていますよね。
突然、思い出したりしますもん~。
でもそれって、何処なんでしょう?
この世界ではないのかな?
必要なときに必要な記憶だけを、
取り出せる鍵も欲しいですね・・・
セピア調で素敵な作品です~。
【2006/06/17 14:41】 URL | OHara #-[ 編集]
OHaraさんへ
ホリーワーバートンと自分を比べることなど、できるはずもありませんが、
1つの作品の中に、たくさんのモチーフをとりこんで、
イメージを作り上げるという「コラージュ」が写真でもできるんだ!と、
多大なる影響を受けていますー。
「サロメ」といえば、ギュスターヴ・モローという好きな画家の作品にも、色味などで影響を受けてるかもー!
写真、絵画、映画など、いろんなアートに触れることによって、
自分の中に「好き」が蓄積してきますね。
その全てが「私の写真」に影響してるんだと思いますっ。

記憶って、ほんとに不思議ですね。
望んでも、望まなくても、どこかに刻まれているのでしょう。
「思い出」という名に変わる記憶を多く持ちたいですね。

ベンチには、たくさんの人のたくさんの記憶が刻まれていると思っています。

【2006/06/17 20:57】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
こんばんは。
全部は見れていませんが、どれも素敵過ぎて言葉がでてこないほどです。
特に「ベンチのある風景」シリーズが大好きです。その中でも、この作品の奥深さが好きです。

黄昏のベンチだけでも、情景たっぷりなのに、プラスして時計。そして、ラップのさせかた。

見る人それぞれに、それぞれの記憶を蘇らせたり、忘れようとさせたり・・・

私もいつか、こんな作品が撮れれば・・・と思い勉強中です。
【2006/07/05 22:51】 URL | ossanniichan #-[ 編集]
ossanniichanさんへ
こんばんはー!
私の写真を見てくださってありがとうございます!
「ベンチのある風景」のシリーズは、長い時間をかけて、
しつこく粘り強く撮り続けた写真たちなので、
気に入っていただけて、とてもうれしいです。
お時間があるときに、ポツポツと見てみてくださいねー。
これからもよろしくお願いいたします!
【2006/07/06 00:26】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://photoletterrain.blog46.fc2.com/tb.php/142-aa325221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ