カメラと手紙と雨音
フィルムに切りとった風景に私なりのエッセンスを加えて仕上げています。
BOY --あの夏の少年たち
R-105

BOY --あの夏の少年たち


朝一番の風が季節の訪れを
少年たちに教えてくれる
洗いたてのスニーカーが
この旅の地図を知る片道切符
深い谷間の鉄橋を超えて…

  半袖のTシャツは勇気
  まぶしい太陽追いかける
  枕木は汽笛を数えながら
  どこまでも夢を紡いでゆく



白い小石を蹴ると 陽炎のむこうに
大人になった僕たちが見える
だけど今はスニーカーと
この胸に響く声だけを頼りに
明日への旅は始まったばかり…

  口笛はスタンド・バイ・ミー
  陽射しが緑をすり抜ける
  線路に青空映しながら
  どこまでも夏を歩いてゆく



 ~この風景を切手にして
  20年後の僕に手紙を書くよ~



  口笛はスタンド・バイ・ミー
  陽射しが緑をすり抜ける
  線路に青空映しながら
  どこまでも夏を歩いてゆく

  どこまでも夏を歩いてゆく…
【2006/05/08 00:00】 | non-カテゴリ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<グレーテルをさがして | ホーム | ほんとはどちらを見ているのだろう>>
コメント
写真だけでもステキなのに
今日はメロディまで聞こえてきた!
【2006/05/08 12:34】 URL | choco-pa #-[ 編集]
グフフフ 素敵な光景だー! ^^
いいなー こんな雰囲気の写真、僕も撮ってみたいです♪(実際は撮れないんですけどね 腕がなくて‥)
【2006/05/08 21:13】 URL | rodol #aIcUnOeo[ 編集]
choco-paさんへ
メロディが聞こえてきました!?
わーい、それはうれしいなぁ~。
写真に添えた文章は「詩」ではなく「歌詞」なので、
歌が聞こえてきたらとってもうれしーっ!!
歌詞として書いてありますが、曲は付いていません。
だからよけいにメロディを感じてくださったことに大感激~!!

少年たちなんだからBOYSだろー!という突っ込みは
ご遠慮くださいまし。
ふふ。
【2006/05/08 21:51】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
rodolさんへ
人を撮るのが苦手な私ですが、
この少年たちを見かけたとき、あわてて追いかけました。
映画「スタンド・バイ・ミー」のイメージにぴったり重なったんですもの!
少年にしか似合わない冒険、少年にしか持てない夢ってありますよねっ。
歩いているだけで絵になってました。

カッコイイ大人になるんだよ、って
心の中でつぶやきましたとさ!(←オバサンちっくだ)

rodolさんの写真の腕は確かですよ!
ちゃーんとrodolワールドを繰り広げていて、ゆったり穏やかな刺激を受けています。
いっつも楽しみにしてます~!
【2006/05/08 22:01】 URL | photoletterrain #pAdiOM1w[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://photoletterrain.blog46.fc2.com/tb.php/120-1d198fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

 photoletterrain

Author: photoletterrain
デジタル処理ではなく
フィルムがもつ色の深みと
奥行き感をいかして
私の好きな世界を表現できたら……。
音楽が聞こえるような
物語が始まるような
ほのかな風を感じるような
そんな作品を目指しています。

FC2ブログランキング

もし気に入った写真がありましたら、 クリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近のコメント

過去ログ